和光ファミリー歯科

和光ファミリー歯科のTEL:048-458-6480

  • HOME
  • >
  • 小児歯科
進栄化成の取り組み

小児歯科

母子感染予防

生まれたての赤ちゃんには、虫歯菌がいません。

それが生後半年ほどで虫歯菌がすみつきます。なぜでしょうか?

可愛い赤ちゃんに虫歯菌をうつすのは、たいてい家族。その一番手が、お母さんです。口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたり、そ「エッ!そんなこと」と思うようなことでうつってしまいます。虫歯の無い子に育てるために、赤ちゃんに使う箸やスプーンは赤ちゃんだけのものにしましょう。
もちろん周囲の大人のお口の中がきれいであることが大事です。赤ちゃんが生まれてからでは遅いのです。誕生前から、自分たちの口の中の細菌を減らす努力をしてください

赤ちゃんを虫歯のない元気な子に育てたいと決心した大人は、歯科医院でのお手入れはもちろん、日ごろの生活の中で虫歯を予防する積極的な習慣を実践してください。
「キシリトール」は、虫歯菌を弱め、虫歯の原因となる酸を作らせない効果があります。食事のあとは、歯磨きだけでなくキシリトール入りガムを噛みましょう

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

サホライド塗布

サホライドとはフッ化ジアンミン銀の溶液のことです(ちなみに、フッ化ジアンミン銀溶液は虫歯の抑制と象牙質の知覚を鈍くすることを目的とした薬です。硝酸銀の殺菌作用とフッ素の虫歯抑制作用の両方の効果が期待できます)。
軽い虫歯の進行を抑えるため、このフッ化ジアミン銀溶液を歯面に塗る処置を『サホライド塗布』といいます。

サホライドは光、熱により変質しやすい性質を持っています。歯面や根管の中を清掃し、乾燥させた後、小綿球に浸ませて塗布します。これにより、初期の軽い虫歯の進行が抑制されます。
ただし、銀の沈着によって、象牙質の色を変化させ、歯が黒光りしてくるという副作用があります。そのため乳幼児の前歯の虫歯の抑制にはよく使われますが、永久歯の前歯には使いません(もちろん黒くなったからといって虫歯になったわけではありません)。



PAGETOP